« バジルペーストのこと | トップページ | 責任ということ »

2005年11月23日 (水)

水彩画・入門のこと

何が発端であったか覚えていませんが、水彩画に興味があります。
透明水彩で描かれた作品は空気感というか透明感があり、私の感性に馴染むものがあります。

中でも、内田新哉さんの作品は、さるデパートの絵画売場で見つけて以来、3点ほど購入することとなりました。
あまり良くできた例えではありませんが、拙宅の日当たりの良くない部屋の隅から、あたかも清涼な高原の景色を借景しているような感じと言いますか、とても良い買い物でした。

そして、ただ、見ているだけでは飽きたらず、下手は承知の上でどうしても自分で描いてみたいという思いが頭をもたげております。
参考図書を捜しましたが、MY_BOOKSにご紹介した本が私の好みのタッチで、技法的にも関心がありましたので、手がかりにと思って購入しました。
ともかくデッサンとの指摘もあり、そのあたりが入口ですね。

|

« バジルペーストのこと | トップページ | 責任ということ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152557/7276617

この記事へのトラックバック一覧です: 水彩画・入門のこと:

« バジルペーストのこと | トップページ | 責任ということ »