« フィギュアスケートの浅田さん | トップページ | 東京ミレナリオと東京駅 »

2005年12月27日 (火)

旧岩崎邸のこと その2

2005_12250006640 
リンク: 川越の風: 閑話・旧岩崎邸のこと.

日曜日に旧岩崎邸を再訪しました。
前から気にかけていたデジタルデータに残すために、今年最後の出動です。腰を据えて、こだわって記録に残しましたが、今回の収穫は、外側からですが、地下部分の一部構造物を垣間見ることができるところがあって、押さえてきました。厨房や、存在することが有名な地下通路などは公開の望みは無さそうです。

やはり、東京都関連で、財団法人 東京都歴史文化財団が管理する東京都庭園美術館は、旧朝香宮邸として有名ですが、こちらは異常に写真撮影に厳しいので、何で、こんなに対応が異なるのか疑問です。
カメラをもってうろうろしていたら、構えたとたん、注意された(摘発!)ことがあります。館内でよく美術展をやっていますが、もちろん収蔵品に焦点を合わせた訳ではありません。建物目当てで出没しているのですから。

旧皇族のお屋敷で、日本におけるアール・デコ様式の邸宅として有名ですが、岩崎邸とは趣を異にします。
旧岩崎邸の洋館は、コンドルのイギリスの植民地風建築の流れを汲む作風に映りますが(大きなベランダが特徴的)、旧朝香宮邸はアンリ・ラパンのデザインによるアールデコの衣装をまとっています。玄関先の女性像のガラスレリーフ(ルネ・ラリック作)がとても印象的です。
上記の理由で、その片鱗も紹介できませんが、my_booksに紹介した「アール・デコの館」には館内の写真が多く収録されています。
また、興味のある方は、一度現地を訪ねてみてはいかがでしょう。

2005_12250003640

|

« フィギュアスケートの浅田さん | トップページ | 東京ミレナリオと東京駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152557/7856127

この記事へのトラックバック一覧です: 旧岩崎邸のこと その2:

« フィギュアスケートの浅田さん | トップページ | 東京ミレナリオと東京駅 »