« 万世橋駅のこと その2 (補訂) | トップページ | 土日の夜はNHK »

2006年1月27日 (金)

満天の星

今日は少し緩んでいましたが、寒い日が続いていますね。
川越は、都心から比べれば充分に「郊外」であるせいか、
寒さが厳しい冬の日には、
夜空の星は手が届くようと言うか、吸い込まれるような満天の星空があります。

拙宅の窓から夜空を見上げているとき、ふと思い出したのは、
昭和の時代に、FM東京から流れていた城達也さんのナレーションによる「JET STREAM」という番組のことです。

中学生の頃から、ラジカセにしがみついて聞いていました。
生意気にも好きな音楽は「イージーリスニング」と公言する中学生でありました。

レイモン・ルフェーブル・グランド・オーケストラ
ポールモーリア・グランド・オーケストラ
パーシーフェイス・オーケストラ
フランク・チャックスフィールド・オーケストラ
マウント・バーニー・オーケストラ
101ストリングス
レイコニフ・シンガーズ
カラベリと煌めくストリングス(何かこんな日本風な呼び方だった)
....どれも懐かしい名前ですが、この番組で知りました。

ずいぶんエアチェックしたテープもありましたが、整理してしまい、唯一保存版で残しておいたテープが目の前にあります。
昭和55年3月10日に放送の、城達他さん司会による「レイモン・ルフェーブル・グランド・オーケストラ ON JET STREAM」という特別番組です。
その後、番組はリニューアルされて続きましたが、城達也さんのナレーションにリアルタイム耳を傾けたあのころを思うと、やはりあの時代だけの記憶としてとっておこうと思います。

≪オープニングのナレーション≫
遠い地平線が消えて、
深々とした夜の闇に心を休める時、
はるか雲海の上を音もなく流れ去る気流は、
たゆみない宇宙の営みを告げています。
満天の星をいただく、
はてしない光の海をゆたかに流れゆく風に心を開けば、
きらめく星座の物語も聞こえてくる、
夜の静寂の、なんと饒舌なことでしょうか。
光と影の境に消えていったはるかな地平線も瞼に浮かんでまいります。

|

« 万世橋駅のこと その2 (補訂) | トップページ | 土日の夜はNHK »

コメント

早速のご対応ありがとうございます。
JET STREAMは今年で放送開始40周年を迎えるそうです。
一つの番組で様々な人の思い出が重なるこの番組って
凄いなーと感じます。
(当時の私は高校生で、週刊FM派でした。)
何はともあれ、“ノドの小骨”を取って頂いたようで
本当に感謝です。
では、また時々拝見させて頂きます。

投稿: JET STREAMファン | 2007年5月26日 (土) 08:00

JET STREAMファン さん初めまして。
コメントありがとうございます。

ご質問の件、記憶にはありましたが、念のためカセットテープを引っ張り出して、確認致しました。
郵便貯金ホールで、間違いありません。

ついでに、久しぶりに城さんのMCを聞きました。
10周年記念コンサートですね。
FMfanという雑誌を片手に、エアチェックしていた頃のことです。

よろしければ、また、お立ち寄り下さい。

landscape

投稿: landscape | 2007年5月25日 (金) 19:36

通りすがりのJET STREAMファンです。
「レイモン・ルフェーブル」の生中継テープをお持ちとのことで羨ましい限りです。
因に、この時の公演の会場が普門館という説と、郵便貯金ホールという説、
二説あるんですがどちらが本当か教えて頂けませんか?
確か城さんがMCをしていたと思うのですが…。

投稿: JET STREAMファン | 2007年5月25日 (金) 18:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152557/8366734

この記事へのトラックバック一覧です: 満天の星:

« 万世橋駅のこと その2 (補訂) | トップページ | 土日の夜はNHK »