« 東京ミレナリオと東京駅 | トップページ | 成人の日のこと »

2006年1月 1日 (日)

年頭所感

川越の大晦日は天候もよく、入間川にかかる初雁橋の中央から、その上流に富士山のシルエットが浮かんでいるのが見えていました。また、その手前の峰々は丹沢、奥多摩の山系で、それに連なる秩父の峰々も青空の下、そのシルエットを浮かび上がらせていました。

昨年は、あわただしい年でありましたが、本年もまた、ひとつひとつ乗り越えて行くことにしましょう。

|

« 東京ミレナリオと東京駅 | トップページ | 成人の日のこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152557/7945646

この記事へのトラックバック一覧です: 年頭所感:

« 東京ミレナリオと東京駅 | トップページ | 成人の日のこと »