« トリノ2006 | トップページ | 次の展開は »

2006年2月26日 (日)

子供の横顔のこと その2

リンク: 川越の風: 子供の横顔のこと.
小さな子供の日常に触れると、その興味、関心、思っていることに何とはなしに思いを致すことがありますが、昨日、ゴルフ練習場の帰りに小さな女の子と言葉を交わすことがありました。

車もまばらな車道の路肩を歩いていましたが、ふと気配がするので、立ち止まり後ろを振り向くと、補助輪も取れた小さな自転車に乗った小学一年生くらいの女の子が立ち止まっていました。
あとから考えれば、車も通っていないのですから、私の傍らの車道側を通り過ぎればよい訳ですが、どうも私が邪魔そうなのです。
とりあえず、私が車道側に道を譲ると、自転車の女の子は小さな自転車に弾みを付けて走って行きました。
その際、一言「すいませーん」と言葉を残して行きました。

それだけのことなのですが、
そんな一言も、当たり前には交わせない世情だなあと感じているところだったものですから、なにか新鮮で、走り去る自転車の後ろ姿を見送りながら、なにやら得した気分で、嬉しく感じた次第です。

きっと、自転車を買い与えられたとき、できるだけ左側を走りなさいと教えてもらったのでしょうね。
それを守って走っていたら、邪魔なおじさんがいたのでしょう。
おじさんが道を譲ってくれたので、思ったとおり真っ直ぐ走っていけたのでしょう。
ひと言御礼の言葉を残して。(何かしてもらったら、御礼を言わなければだめですよと習っていたしね。)

そんなことを勝手に想像しました。
他人の事を顧みることができる優しい子に育つでしょうと、期待を込めて...。

|

« トリノ2006 | トップページ | 次の展開は »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152557/8843971

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の横顔のこと その2:

« トリノ2006 | トップページ | 次の展開は »