« 数の功罪 | トップページ | 格差の拡大する社会とは »

2006年2月 4日 (土)

心に残る歌

心に残る歌は、個人の歴史の中でそれぞれ違うと思います。
懐メロという言葉は死語かもしれませんが、私より上の世代の方にも懐メロがあり、私の心に残る歌も懐メロの範疇でしょう。

...と思っていたのですが、

最近、多少認識を新たにしています。
いわゆるニューミュージック世代を過ごしてきましたが、
当時の楽曲が現在でも支持されているように感じてなりません。

小田和正さんが活躍されている姿が象徴的ですが、同時代を過ごしてきた方々はもちろんのこと、若い方にも支持されてますね。

正直言って、最近の楽曲はよく知らないので、比較は難しいのですが、比較的直球のメッセージが伝わる感性が評価されているのでしょうか。
そのメッセージ、旋律が現役として生き残っていくこと、新たな展開に立ち会うことができることは嬉しいことです。

|

« 数の功罪 | トップページ | 格差の拡大する社会とは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152557/8497238

この記事へのトラックバック一覧です: 心に残る歌:

« 数の功罪 | トップページ | 格差の拡大する社会とは »