« 万世橋へ! | トップページ | 雑感*知らないということ »

2006年5月 1日 (月)

万世橋へ! その2

そうそう、展示物でもひとつ目を引いたものがありました。
「廣瀬海軍中佐銅像除幕式次第」という紙片です。

今はもう、その姿を見ることはありませんが、日露戦争開戦当初の
「旅順港閉塞作戦」に参加し、明治37年3月27日に戦死、後に軍神と言われた広瀬中佐 と杉野兵曹長の「銅像」が、旧万世橋駅前に建てられていました。
絵葉書、写真などで目にすることが出来ます。

万世橋駅が博物館に装いを変えた以降も、戦後まで残っており、GHQの指示による撤去との話しもありますが、その後の銅像の運命についてはっきりせず、何とく消化不良でした。

除幕式は、明治43年5月29日午前10時から挙行されました。
次第の内容は、簡略な、正に進行次第ですが、
当日の雰囲気の一端を垣間見ることが出来ます。
建設委員会が設置されていたようなので、発議の経緯、デザインの選考などについて分かればいいなと思っています。

|

« 万世橋へ! | トップページ | 雑感*知らないということ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152557/9843076

この記事へのトラックバック一覧です: 万世橋へ! その2:

« 万世橋へ! | トップページ | 雑感*知らないということ »