« 雑感*AよりBはまだまし? | トップページ | アーカイブス*夏の夜 »

2006年7月26日 (水)

雑感*患者「様」になった日

何時の頃からか患者「様」になりました。
病院で、もちろん「個人名」に「様」を付けて呼ばれるケースはありますが、「患者」という医療の対象に「様」がついてくるのは、日本語的にどうも違和感を覚えます。
最近の病院経営の動向として、医療もサービス業であるという位置づけからスタートしているようですが、病院での当事者が、「医師」「看護師」と「患者様」というのは落ち着きません。

「患者」なら「患者の方」だろうし、
「様」の対象にするのならば、
「受診者様」とか「来院者様」ならどうでしょう。
ことのついでに、サービス業として割り切るならば、
「医師」や「看護師」の「師」は「士」の方が現代的かも知れません。
「患者様」とバランスがよいかも。

株式会社の参入等も話題になりますが、国民から見た医療、地域の医療はこれから何処へ向かうのでしょう。

|

« 雑感*AよりBはまだまし? | トップページ | アーカイブス*夏の夜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152557/11070120

この記事へのトラックバック一覧です: 雑感*患者「様」になった日:

« 雑感*AよりBはまだまし? | トップページ | アーカイブス*夏の夜 »