« 路地の風景*「The Nightfly」   | トップページ | 路地の風景*路地裏のたたずまい »

2006年8月 8日 (火)

雑感*靖国神社のこと

旧盆を控え、終戦記念日も間近になりました。
ここのところ、靖国神社のことで動きがあるようですが、自民党総裁選挙の余波でしょうか。

「心の問題」を標榜する中、公権力を持った人々が、その立場で、
時に控えめに、時に団体でその意志を誇示し、自ら「政治問題」を醸成させている姿が当たり前になりました。
「東京裁判史観」へのアンチテーゼも感じられますが、それは本来、「慰霊」とは別な観点から語られるべきものでしょう。

政治的には、国会の関与を可能にする、実質「国家護持」も視野に入れているようですが、前提となる、非宗教法人化の見込みは薄く、着地点が見えないようです。
靖国神社については、戦前はもとより、戦後も国家との関係が続いていたとの歴史報道もされていましたが、多くの方が、現在の、ひとつの宗教法人として存在する姿、教義、その環境を前提に、その価値を捉えておられるのが現実なのでしょう。

これを、再度、
「国家の関与」を可能にするための方策を模索することよりも、
歴史から学んだ教訓の下、誰にとってもわだかまりのない戦没者の「追悼」の環境を整備することが、「政治の役割」であると考えます。
それは、これまでの靖国神社への価値観を大切にされる方々の心情とは、並列的に捉えることができるものでもあり、政治の課題としても、避けて通るべきものではないでしょう。

また、国の追悼施設について、その位置づけが、特定の「宗教性」を欠くことの当否についての論議もあるようですが、
「考えてみれば...」
目を瞑って手を合わせたときに胸の中に去来するものは、その人の信ずるものでしょう。
それは、それでよいのではないでしょうか。
そのような「場所」の存在が、今、期待されているのではないか...
と、そう感じています。

|

« 路地の風景*「The Nightfly」   | トップページ | 路地の風景*路地裏のたたずまい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152557/11333057

この記事へのトラックバック一覧です: 雑感*靖国神社のこと:

« 路地の風景*「The Nightfly」   | トップページ | 路地の風景*路地裏のたたずまい »