« 路地の風景*宙を舞う休日in浅草 | トップページ | 建築の風景*御用和菓子店の和洋館 »

2006年10月22日 (日)

路地の風景*上野に向かう道端にて

P06100835800

去る日曜日、浅草寺から上野の寛永寺まで、川越のルーツを紐解きながら歩く企画で「浅草歩き」をしましたが、目的の上野寛永寺に向かう道端で、いくつかの建築物との巡り合わせもありました。

P06100830800 1階の作業場にも、採光や通風が配慮された町工場の風情ですが、2階のパラペットのコーニスはくっきりと引かれた
端正な面持ちが目に留まりました。
昭和初期のモダニズムの印象が感じられます。
戦災を生き残り、時代を繋ぎ止めてくれているようです。

P06100832800
曰くありげな日本家屋群で、思わず見入ったのですが、事後チェックの結果、東上野の龍谷寺裏でありました。
それにしても異色。

P06100834s0311800_3

台東区役所裏の旧下谷小学校です。小学生を見守る役割は終え、今は、別の役目を担っているそうです。
昭和3年11月竣工だそうですので、典型的な震災復興小学校ですね。
時間の都合でこの一枚だけになりましたが、もう一度瞼に残しておきたい建物でした。
  

(台東区*東上野にて)

|

« 路地の風景*宙を舞う休日in浅草 | トップページ | 建築の風景*御用和菓子店の和洋館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152557/12367750

この記事へのトラックバック一覧です: 路地の風景*上野に向かう道端にて:

« 路地の風景*宙を舞う休日in浅草 | トップページ | 建築の風景*御用和菓子店の和洋館 »