« 祭りの風景*祭りの夜 | トップページ | 雑感*教え育むことの重さ »

2006年10月16日 (月)

祭りの風景*2006川越

P06101501800_1

地元の者として、(といえる自分が、最近何となく嬉しい (^^ゞ)
山車を中心に繰り広げられる川越まつりに立ち会えることが、
なんとなく感動だったりします。

いろいろ収穫がありましたが、とりあえず、代表的な風景から。

今年初めて気がつきましたが、山車の上で、
横笛や、鐘や太鼓に若い女性や、子供達も活躍していました。
そんな写真も、これから少しだけ。

それから、昨日夕刻に、少し焦って駆けつけましたのには、
別の理由もありまして、それは、
川越市松江町にある「旧山崎家別邸(1925)」の特別公開があるとの報道があってのことでありました。
祭りの風情を眺めながら、松江町の現場まで駆けつけました。

昭和初期の和洋館建築の流れですが、先に取り上げた、三菱で赤煉瓦オフィス街の開発に力量を振るった他、個人宅の作品を残す
保岡勝也の作品であるとのことで、ともかく駆けつけた次第です。
邸内の撮影はご遠慮下さいということなので、外観中心ですが、
追って何点か紹介出来ると思います。
今回、邸宅撮影はRAWで行いましたが、RAW現像は初めてでありまして、これから試行錯誤で頑張ります。ハイ。 (^^ゞ

|

« 祭りの風景*祭りの夜 | トップページ | 雑感*教え育むことの重さ »

コメント

カークさん コメントありがとうございます。

いやー、宣伝に見えましたか~。やっぱり。(^^ゞ)
足を運んで戴きまして、ありがとうございました。
そして、川越まつりの雰囲気を感じて戴けたのならば、嬉しいです。

写真はご存知のペンタ君で、ISO1600にオートシフトされたものですが、いけますね。自分で云うのも変ですが。

投稿: landscape | 2006年10月16日 (月) 12:09

ありがとうございま〜す、この山車は「翁の山車」ですね。
実は、行ってきました「川越祭り」に、どうもlandscapeさんの宣伝?に心が落ち着かず、いつの間にか電車に乗っていました。
いや〜、素晴らしかったです、夕方から7時過ぎくらいまでいました。
山車の迫力に圧倒され余り写真は撮れませんでしたが、特にこの写真の様に灯りのともされた夜の山車の行進と交差点での曵っかわせですかは最高でしたね。
そしてさすがにこの写真、ノイズもなくきれいですね。

投稿: カーク | 2006年10月16日 (月) 09:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152557/12301507

この記事へのトラックバック一覧です: 祭りの風景*2006川越:

« 祭りの風景*祭りの夜 | トップページ | 雑感*教え育むことの重さ »