« 雑感*モラルハザードの根 | トップページ | 路地の風景*谷中のスパニッシュ »

2006年11月12日 (日)

路地の風景*千駄木、根津を抜けて その6

P0610190002_2
「再出発」

手前の店は、元は雪印牛乳の根津販売所。
看板の文字が、辛うじて判読できる。
その隣は貸本屋。

時間を止めたまま、たたずんでいるかのような一角の前を、
「青い自転車」の少年が疾走して行く。
役割を終えた過去が、未来を見守っているかのようにも見える。

シャッターを切ったときには気づかなかったのですが、
加工をする際、貸本屋の店頭に「貼り紙」が目に付きました。
そこには「閉店」の文字と、突然の閉店を詫びる挨拶の言葉、
その最後には、「再出発」の文字が判読できました。

P0610190001_2

路地を渡り歩いて、この一角に辿り着いたとき、
そう言えば、どこかで見覚えのある風景だなと思いましたが、
カークさんのkaoru photo...2で拝見したことのある、
根津・長屋の街(9/14)にあった一角でありました。

根津もそろそろ終わり、目的の本郷のポイントまでは道半ば。

(根津2丁目界隈)

|

« 雑感*モラルハザードの根 | トップページ | 路地の風景*谷中のスパニッシュ »

コメント

カークさん
コメントありがとうございます。

目的地は、水道橋の駅から徒歩10分ほどのところなのですが、晴天に誘われて、気の向くまま「谷根千散歩」を兼ねて歩くことにしました。
今度は、少し下調べをして出かけたいと思っています。
その節は、お勧めエリアなど伺いたいと思いますので、よろしくお願いします。

投稿: landscape | 2006年11月13日 (月) 11:48

こんにちは、そうです、ここですね。
ご紹介&覚えて頂いてくださってありがとうございます。
こちらの方は印象的ですね、続きが楽しみです。

投稿: カーク | 2006年11月12日 (日) 18:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152557/12577834

この記事へのトラックバック一覧です: 路地の風景*千駄木、根津を抜けて その6:

« 雑感*モラルハザードの根 | トップページ | 路地の風景*谷中のスパニッシュ »