« 「郵政の乱」は誰のため | トップページ | 映画パラダイス*川越 »

2007年1月20日 (土)

路地の風景*未だに語る何か...

0004700

現在の高輪三丁目の一角ですが、その昔は二本榎西町。
昭和の時代、住居表示の名目で、歴史を体現していた多くの地名が失われました。

右手の坂を下れば、明治学院大学のキャンパスです。
振り返れば、すぐ目の前には、高輪消防署二本榎出張所がそのたたずまいを残しています。

この石垣の上には、欅と銀杏の大木の枝が舗道を被う、古い和洋館がありました。いつの間にか、家屋は取り払われ、石垣だけが残っていました。

この街の変遷を見続けてきたであろう石垣は、母屋を失いましたが、未だに語る何かがあるようにも思えます。

(港区高輪3丁目あたり)

|

« 「郵政の乱」は誰のため | トップページ | 映画パラダイス*川越 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152557/13574438

この記事へのトラックバック一覧です: 路地の風景*未だに語る何か...:

« 「郵政の乱」は誰のため | トップページ | 映画パラダイス*川越 »