« 建築の風景*亀屋さんの舞台裏 | トップページ | 普通免許取得始末記 その3 »

2007年2月 5日 (月)

普通免許取得始末記 その2

「普通免許取得始末記 その1」 に続いて、
「技能教習」の入口でいくつか感じたこと、考えたこと。

「AT限定でもいいや !
「限定」という言葉の使い方は微妙なところがありますが、AT車に限定する「制約」を受けることには、何となく抵抗がありましたね。(これは「申込み」時点での感想ですが)
しかしながら、普通自動車は一部の商用車の除いて、MT車の製造自体が消滅しつつあるという矛盾も内包しているそうですし、年齢を顧みて、シフトチェンジへ注ぐ精力は、その他に向けることにしました。ひいては、教習経費の節約にもなるという計算の下で...(^^ゞ

「ともかく走らせる」
年齢のせいか、技能教習中において、特に緊張したということはありませんでした。もちろん、何か失敗したときは、それなりですが。
あえて言うならば、最初と最後は緊張したような気がします。最初の時限でハンドルを任され、前進とバックを繰り返したときは、自らアクセルを踏んで、コントロールするという世界を体験した緊張感でしょうか。するするとバックして行くと、「お~っ!」という感じでした。
また、最後の卒業検定のときは、気分的には強ばっていたような気がします。その意味では、ギリギリセーフだったのかもしれません。

「パワー・ステアリングということ」
頭では分かっているつもりでしたが、ハンドル操作が不安定で走行が安定しないと指摘され、第一段階の終わりの頃まで、何となくすっきりしませんでした。
原因は、運転中の視点の置き方であったり、走行位置の選択であったりもしますが、特に右左折の場合など、ハンドルを戻した時、正対する位地に戻っていないことがあり、その修正が走行に誤差を生じていました。
この点は、いつの間にかクリアーしましたが、どうも「パワー・ステアリング」の感覚が分かっていなかったことにも原因があるようです。
もちろん、以前には運転経験がないのですが、潜在意識の中に、運転は、ドライバーがハンドルと格闘し、曲げたタイヤの向きは遊びも含んで、無理矢理戻すというイメージがありました。(あまりに、昔のイメージですね...(^^ゞ)

「原動機付自転車はおまけ」
スクーターのような小さなタイヤの原付は、大柄の男性には苦痛ですね。
ボリショイサーカス(だったかな)で、熊がスクーターに乗る芸があったように思いますが、あれを思い出しました。
僅かなホイールベースで、小さなタイヤの原付でスラロームをした際には、一緒に教習した若い人に置いて行かれました。
プライベートでは、原動機なし自転車で充分と確信しました。
健康のためにもね...(^^ゞ

次は、第一段階の個別課題に関する雑感です。

|

« 建築の風景*亀屋さんの舞台裏 | トップページ | 普通免許取得始末記 その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152557/13731454

この記事へのトラックバック一覧です: 普通免許取得始末記 その2:

« 建築の風景*亀屋さんの舞台裏 | トップページ | 普通免許取得始末記 その3 »