« 閑話*法事のこと | トップページ | 少し気が早いかも »

2007年3月 9日 (金)

建築の風景*日比谷・三信ビルの灯

これまで、「建築と歴史」(カテゴリー)でも触れてきましたが、日比谷公園に面した日比谷のランドマークである、三信ビルの灯が消える日が明らかになったようです。

建て替えを前提に、個別のテナントの撤退が順次進んでいましたが、最後のテナントとして多くの方の関心を集めていた、「ニューワールドサービス」さんの閉店日が、3月30日(金)と公表されています。

三信ビルが、日比谷のランドマークとしての使命を終えること、閉店を迎える同店の、戦後の歴史に幕を閉じることの意味を(他の場所での営業も検討中のようですが)、個人的には、心のどこかに留めておきたいと思います。

有楽町界隈の再開発も進んでいますが、単なる大手町の外縁部になってしまうのは、歴史の必然なのでしょうか。

収益性の尺度を右手に持ちながらも、この空間を後世に引き継ぐことは、現代人の叡智と評価されると思いますが、どうですか、オーナーの不動産会社さん...(^^ゞ


「風の休日」~当ブログのギャラリーです (^^ゞ~
東京点描*時の息遣い
忘れ去られる時の息遣い
忘れ去られる時の息遣い その2
忘れ去られる時の息遣い その3

|

« 閑話*法事のこと | トップページ | 少し気が早いかも »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152557/14199365

この記事へのトラックバック一覧です: 建築の風景*日比谷・三信ビルの灯:

« 閑話*法事のこと | トップページ | 少し気が早いかも »