« 「憲法改正」は誰のため | トップページ | 建築の風景*千駄木・旧安田邸 »

2007年5月10日 (木)

雑感*こうのとりのゆりかご

赤ちゃんポストとも言われ、賛否両論がある中、本日から運用が開始されるそうです。現状では、その位置づけは例外的なものとして、論議のきっかけになったことは肯定的に考えたいと思います。

戦後、家族の細分化が進み、世代間の隔絶が言われる中、経験の浅い母親が妊娠、出産、育児に関して精神的、物質的にも追い詰められた際、社会的シェルターが十分に機能しないことから、捨て子や、虐待、遺棄に至る事件が数多く報道されます。
社会的には、犠牲となる子どもの生命や、発育の権利を守ることが喫緊の課題であることには間違いなく、それを目的とした社会政策が求められるところでしょう。

しかしながら、目指すべきところは、母親が子どもとともに生活し、自ら子どもの養育を手がけることがきる環境、条件づくりであることは論を待たないところです。そのためには、行政として、このような匿名での「緊急避難」は、あくまでも例外措置であると認知されるべく(結果的に、行政、警察と連携をとるとしても)、母親にとって垣根の低い、広範な施策を講ずる責任を負っていると考えます。

匿名で子どもを託し、免責されたとしても、託した方の悔悟の念は想像に難くありません。そういう状況に立たされた方にとって、垣根の低い、広範な行政施策を講ぜられることを前提に、その一環として、社会に認知される「緊急避難」のあり方について、論議されることを願いたいと思います。


|

« 「憲法改正」は誰のため | トップページ | 建築の風景*千駄木・旧安田邸 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152557/15020229

この記事へのトラックバック一覧です: 雑感*こうのとりのゆりかご:

« 「憲法改正」は誰のため | トップページ | 建築の風景*千駄木・旧安田邸 »