« 信頼の回復ということ 4 | トップページ | そろそろバジルペースト! »

2007年9月10日 (月)

閑話*発言の重みについて

テロ特措法の延長問題に関して(というよりも、洋上給油の継続問題で...)、臨時国会に臨む安倍総理の「職を賭して取り組む」という発言が報道されました。
政治に関する発言の重み、重要性がよく言われますが、この発言は政権与党の姿勢としても受け取られています。

しかしながら、併せて、未だ行われていない審議の結論をもって、結果が出せない場合においては「職責にしがみつくことはない」という臨時国会前における発言は、その意図をどのように推し量るべきでしょうか。

日本語としての不整合はともかくとしても、先の参院選の際には、国政選挙の結果を受けても、政権選択選挙ではないので「職責を全うしたい」としながら、一転、テロ特措法に関しては退路を断ったような発言については、憶測を呼んでいるようです。

市民感覚から見れば、その枠組みは、対米公約を果たせないならば現内閣の存在価値がないという、総理の価値観の現れとも映らなくもありませんけれど...。

|

« 信頼の回復ということ 4 | トップページ | そろそろバジルペースト! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152557/16402643

この記事へのトラックバック一覧です: 閑話*発言の重みについて:

« 信頼の回復ということ 4 | トップページ | そろそろバジルペースト! »