« 閑話*鉄路の続くところ | トップページ | 雑感*師走の候 »

2007年12月 8日 (土)

雑感*大相撲のこと

ずいぶんと寒くなりました。
今も続く、朝青龍に関して巻き起こされた論議に関する雑感です。
正直、大相撲はいったい何処に行くのだろうかと思います。

相撲フリークというわけではなく、そもそも論とかべき論は語るだけのものはありませんが、日本の伝統、文化という点で、そこにあるのが当然であったし、これからも引き継い行くべきものであると感じています。神事であると由縁を語る立場も現役であり、武士道を体現していると表現する方もいますね。
もとより国技と表現されている訳ですが。

実際、そんな前置きは遠くから響くだけで、目の前の豪快な勝ち方に目を奪われるのですが、朝青龍を筆頭として多くの外国人力士が、外見上は、伝統に則り大相撲を支えている現実もあります。(外国籍の力士を否定する立場ではありません。)

そのような現状と、伝統や文化として守って行く立場とは両立できるものなのか、今回の報道が続く中、同時期に報道された新人力士の死亡事件とも併せて考えさせられました。

大相撲人気の衰退が喧伝される中、その生き残るための条件として、時代の要請に応える変化を求める立場もあるようですが、大相撲という存在そのものの変質を招くことにも繋がるのではないか。目指すべきところはどこにあるのか。53もの部屋が乱立していることは、年寄株という角界の制度に起因するにしても、力士養成という観点からはプラスに働くものだろうか。希望をもって角界の道を歩もうとしている者にとって、確信をもって修行を重ねることができる舞台が容易されていると言えるのだろうか。等々。

その行く末について、課題は多そうですね。

|

« 閑話*鉄路の続くところ | トップページ | 雑感*師走の候 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152557/17310828

この記事へのトラックバック一覧です: 雑感*大相撲のこと:

« 閑話*鉄路の続くところ | トップページ | 雑感*師走の候 »