« 川越*年の初めに | トップページ | 年頭所感*何が残されたか »

2008年1月 8日 (火)

閑話*ちりとてちん

連続テレビ小説でやっているあれです。

前シリーズは、期待は持たせたままいつの間にか終わっていましたが、現在の「ちりとてちん」はちょっと気になっています。

脚本家、制作者のスキルの高さを伺われますが、多少デフォルメされたところも無理なくストーリー展開が図られているように感じます。また、テーマ曲、BGMのマッチングも素晴らしく、全体の完成度を引き上げているように思います。

小浜と大阪を舞台に、未完成なヒロインが右往左往しながらも周囲の人々の存在の中で感性を磨いていく緊張感が、しっかりとドラマの骨格を支えていることや、周囲の人々のヒロインに対する視線が「底抜けに」暖かいことが、連続テレビ小説本来の姿を感じさせる作品にさせているように思います。

個別の登場人物の多くは、その役回りからは誰が狂言回しと言ってもよいほど、ストーリー上でのウエートを感じますが、個人的には、ヒロイン喜代美の母親、糸子さんのスタイルというか、人生に対する感性が嫌いじゃないというか、好きですね。しばらくお休みでしたが、小梅おばあちゃんも素敵だったりします。

ともかく、久方ぶりに気になる朝ドラで、大変に得した(?)気分!

|

« 川越*年の初めに | トップページ | 年頭所感*何が残されたか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152557/17625554

この記事へのトラックバック一覧です: 閑話*ちりとてちん:

« 川越*年の初めに | トップページ | 年頭所感*何が残されたか »