« 閑話*Core2Duoへの道 2 | トップページ | 閑話*ベッカライ修行のこと »

2008年2月28日 (木)

雑感*そこにあるもの

職責あるところに弛緩もあるとすれば、そのことに覚醒する契機は何だろうか。そこに英知が期待できるものだろうか。最近、考えさせられることが多いように感じます。

イージス艦の、漁船との衝突事故のことについて。
その業務においては、常に高度な緊張感と的確な判断が要求されるものと理解しますが、どこかに弛緩があった。そのように感じます。衝突事故に遭われたお二人が、一日も早くご家族のもとへ戻れるよう祈るばかりです。

今回の事件に限らず、これまでもこの実力部隊を備えた行政組織の中に、事務次官を筆頭とした不祥事が報道されていますが、当事者としての非難可能性の希薄化、個別化、組織防衛に軸足があるようにも見えます。これも、年金問題で指摘されるところの厚生労働省や、社会保険庁を筆頭とする他の行政組織に内在する弛緩と共通項があるのかも知れません。

しかしながら、こと自衛隊においては、国民の日常生活との関係において、その存在目的とその存在の正当性のみに軸足をおいた視線は、その合理性の陰に、時代背景は異なるものの戦前の旧軍のそれとオーバーラップするものを感じさせます。

いわゆる「軍隊」のアイデンティティ-とは、そういうものなのかもしれませんが、与党の憲法改正論議で取り上げられた国防軍という発想も、(自衛隊からの)名称の変更に止まらず、明らかに変化するであろう組織の意識に思いを致さざる得ません。



.

|

« 閑話*Core2Duoへの道 2 | トップページ | 閑話*ベッカライ修行のこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152557/40302484

この記事へのトラックバック一覧です: 雑感*そこにあるもの:

« 閑話*Core2Duoへの道 2 | トップページ | 閑話*ベッカライ修行のこと »