« 閑話*明日も一歩前へ | トップページ | 閑話*なんとまあ... »

2008年4月12日 (土)

雑感*ある後ろ姿のこと

報道によれば、昨日11日午前11時10分ごろ、静岡県牧之原市坂部の東名高速吉田インター付近で、下り線を走行中の大型トラック(11トン)のタイヤが外れ、中央分離帯を越えて上り線の観光バスに衝突。名阪近鉄バスの運転手の方(57)が死亡、乗客男女7人も負傷されたということです。運転手の方のご冥福をお祈り致しますとともに、受傷された方には、お見舞いを申し上げたいと思います。

類似のタイヤ脱落事故の報道は、これまでも数件耳にしていますが、原因としては過積載による負荷、整備点検不良など指摘されるところです。繰り返されるところに問題が内在していると感じます。

実効性のある再発防止策が講ぜられることを期待するところですが、何よりもバスの運転手の方が、車内に飛び込んだトラックのタイヤで亡くなられたとのことですが、高速の追い越し車線上、わずかに傾いてバスを停車させている空撮映像を見て、ひとつの衝撃を覚えました。

そこから推し量れることは、対向車線上から突然現れたトラックのタイヤがフロントガラスを破り、それによって受傷してからもなお、運転手の方は制動を継続してバスをコントロールし(サイドブレーキも引いてあったとの報道もあり)、停車をさせたということです。

バスの乗客に受傷された方がいらっしゃた訳ですが、それ以上の事故の拡大を防ぐことができたのは、亡くなられた老練な運転手の方の、これまで培われてきた、乗客の安全を守るという職責に対する使命感によるところが大きかったのではないかと感じます。その行為に関して何かを申し述べるのも不遜なことかもしれませんが、ただ、最後までバスを制動する努力をされた運転手の方が、意識を失われる前、無事停車できたことを感ずることができたならばと祈らずにはおられませんでした。


.

|

« 閑話*明日も一歩前へ | トップページ | 閑話*なんとまあ... »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152557/40855050

この記事へのトラックバック一覧です: 雑感*ある後ろ姿のこと:

« 閑話*明日も一歩前へ | トップページ | 閑話*なんとまあ... »