« 高輪*高野山と桂坂の姿のこと | トップページ | 閑話*開業、副都心線 »

2008年6月15日 (日)

雑感*そこにあるものは、何か...

いきなり、宇宙の話で恐縮ですが...(^^ゞ

国際宇宙ステーションでの、日本の実験棟設置の作業を終えた星出さんが、「宇宙ではすべての瞬間を楽しんだ」と初飛行を振り返ったことが報道されていました。(共同通信)

準備段階からの予算規模は 1兆円に届こうとする壮大なプロジェクトですが、そこのあるものは何か...と考えさせられました。

現在の我が国の状況を振り返りつつ、これから実働段階に入るミッションの意味を探してみても、確かな答えが見つからないからでしょうか。宇宙実験の公募も継続中だとか。そのプラットホームとしての意味はあるようですが、無重力下での技術開発について、それは基礎研究だとしても、現時点における有用性や期待される将来性について、必ずしも明確に提示されていないように感じてきたことも事実です。ただ、宇宙空間において存在することに(一部先進国の列に並ぶ)、意味を見出すべきなのでしょうか。

いずれにせよ、ステーション上の星出さんと地上の福田首相とのやりとりの報道を見ても、高揚するものもありませんでした。それは、現在、少子高齢社会として、社会の枠組みを再構築することが喫緊の課題とされている中で、現実と遊離した場面を垣間見たような気がしたからかもしれません...(¨;)

どちらかと言えば、夢は買いたいと思います。
しかしながら、そこには、プロジェクトを推進する組織の目的意識の前に、国民に対して訴えかけるに足るべきビジョンの存在が不可欠であると感じた次第です。

.

|

« 高輪*高野山と桂坂の姿のこと | トップページ | 閑話*開業、副都心線 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152557/41539506

この記事へのトラックバック一覧です: 雑感*そこにあるものは、何か...:

« 高輪*高野山と桂坂の姿のこと | トップページ | 閑話*開業、副都心線 »