« 九段下*震災復興の記憶 | トップページ | 雑感*それは誰のためか »

2008年11月13日 (木)

閑話*埋蔵金の使い道

まだ、名称も定まらない生活支援のためといわれる給付金。
自治体の首長からも様々な意見が出されています。
総務省に実施本部が出来たそうですが、若手の職員が、パソコンを睨んでいる図柄だけがニュースで流れていました。

消費税の予告増税分を、僅かばかり事前に還付して貰うような気もするし、生来、素直じゃないもので、妙な気分でもあります。

貰って嬉しくないわけでもありませんが、生活支援ならば対象や金額からは形ばかりに映る上、消費行動の喚起ということならば、1回限り、乾いた道路にじょうろで水を撒くようなやり方では実効性も疑問です。それで、これだけのボリュームの税金を費やしてしまうのは、どうも惜しいような気がします。

与党自ら存在を否定するところの「埋蔵金」を当てるのならば、恒久財源論の障壁が伴いますが、追い詰められた医療、社会保障の立て直しのために使えないものかと思います。

社会保障政策の立て直し、安定化への取り組みは、根源的な景気対策とも評価されるとともに、少子化対策に繋がるものだと思うのですが。

夏のアスファルト道に撒く水のように、一瞬の潤いに消えるには、この借金財政の中で割り切れないものがあります。そこから生まれる不利益も、結局、国民が担うのですけどね。

.

|

« 九段下*震災復興の記憶 | トップページ | 雑感*それは誰のためか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152557/43104302

この記事へのトラックバック一覧です: 閑話*埋蔵金の使い道:

« 九段下*震災復興の記憶 | トップページ | 雑感*それは誰のためか »