« 池袋*自由学園明日館へ | トップページ | 暑中お見舞い申し上げます »

2009年6月28日 (日)

王子*石神井川から隅田川へ

20090623_002800_4
江戸東京の風景学というテーマに惹かれ、早稲田大学のオープンカレッジにお邪魔していましたが、先日、「東京の川」という視点から、荒川(放水路)の出現を軸に江戸東京の河川の歴史を考える中で、隅田川へ注ぐ石神井川の下流を、王子の飛鳥山近辺まで散策する企画がありました。皆さんとご一緒の街歩きです。

石神井川は、昭和33年の狩野川台風を契機に大きく姿を変えましたが、旧河道が公園として姿を止めているところもあり、興味深いものがありました。

その内のひとつに、「音無さくら緑地」がありますが、そこは、石神井川が大きく馬蹄形(例えが古い...)に蛇行していた河岸の自然露頭も見ることが出来ます。その出口付近に、旧河道である公園を跨いだ形で吊り橋が架けられています(↑)。近年、復元したものらしいのですが、生活路として機能しているようです。銘板などは未確認...(¨;)。

単に吊り橋ということだけではなく、先に、当ブログ記事の高輪*高野山と桂坂の姿のことで、昔、高輪の谷地に吊り橋があったのではとの伝聞情報を戴いたことがありましたので、そのイメージを重ね、目の前の光景に思わず立ち止まりました...(¨;)

20090623_005640 また、土木遺構と言えるのかどうか分かりませんが、王子神社の脇に、石神井川の旧河道に残る音無橋(昭和5年)を訪れたのも収穫でした。(←)

061000
誰しも目を引くのは、震災復興橋として神田川に掛けられた、昭和2年竣工の聖橋(写真奧→)との類似性でしょうか。震災の後、一新した東京のシンボルのひとつであったような気がします。

石神井川そのものは、河川改修の結果、現在は橋の上流部手前から、飛鳥山の地下に穿った隧道を経由するルートに変わっています。音無橋の古い絵葉書によれば、橋脚の間から望む石神井川の表情は、大きく変貌したことが分かります。土木学会HPなどで。

最後に、今回、デジカメで記録するのを失念しましたが(実は、少々歩き疲れて...)、最後に訪れた王子神社の拝殿は、目を引くものがありました。

全体は権現造り(拝殿と本殿を石の間を介して連結したもの)との指摘があります。拝殿の屋根は銅葺きで、流造というべきなのか。様式としては、明治神宮の内拝殿と同様ですが、軒唐破風の後ろから被さるような千鳥破風の迫力に目を奪われました。
いささか消化不良なので、再度の訪問が必要かも...(¨;)

.

|

« 池袋*自由学園明日館へ | トップページ | 暑中お見舞い申し上げます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152557/45476445

この記事へのトラックバック一覧です: 王子*石神井川から隅田川へ:

« 池袋*自由学園明日館へ | トップページ | 暑中お見舞い申し上げます »