« 閑話*何かが変わると | トップページ | 六合村*湯の平温泉 »

2010年2月 6日 (土)

閑話*何処へ

結果として、横綱朝青龍は引退が決まりました。
その得難い、有為な力士を失うことは残念なことです。
その力強い取り口は、誰しも納得できるものであったし、それは相撲の醍醐味をダイレクトに感じさせるものでした。しかしながら、何時しかそれは、その精神文化を踏み越え、若しくは違う解釈を生むものであったのかも知れません。

同じ相撲の枠の中でも、日本相撲協会が主催する相撲興行である大相撲の他、学生相撲や奉納相撲など様々な形で日本文化の中に息づいています。国技としてのコンセンサスも確かなものなのでしょう。単なるアスリートによるプロスポーツに過ぎないと指摘する向きもあるようですが、その精神文化によりどころを求める立場がいまだ主流であると思います。

横綱朝青龍は、ある意味その枠を拡げたのでしょうし、結果として、親方や日本相撲協会も追認していたようにも見受けられました。

それでは、大相撲は何処へ向かうのか。
土俵上の所作、取り組み、横綱としては、その力量と品格について関心が集まりますが、これをを捨象して、大相撲を語ることはできないでしょう。単なるプロスポーツと割り切ることによって残るものは何かとも考えます。相撲興行という枠の中で、何を守り、何を捨て去るのか、揺れているように見えます。

時を同じくして報道された、貴乃花の理事就任は、何かしらの潮流になるのでしょうか。大相撲ファンはもちろんのこと、角界で汗を流す若者達にとって、魅力を持ち続ける世界であって欲しいところです。 

.   

|

« 閑話*何かが変わると | トップページ | 六合村*湯の平温泉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152557/47491122

この記事へのトラックバック一覧です: 閑話*何処へ:

« 閑話*何かが変わると | トップページ | 六合村*湯の平温泉 »