« 年越しの雑感のつもりで | トップページ | 年越しの雑感のつもりで その2 »

2011年1月 5日 (水)

年初の始動として

2011_01040015e

「武蔵越生七福神めぐり」
初詣を兼ねて、全行程12.6kmのハイキングに参加。平地とアップ・ダウンは半々くらい、舗装がない林道はその内の一部のみ。
昨日4日の越生町主催、8日に東武鉄道主催でも行われる。

年初の七福神めぐりが目的の企画なので、ご高齢の方の参加者も多く、実にのんびりとした冬のハイキングです。陽の当たる里山の路肩で、グループ毎に弁当を開く風景も楽しそうでした。

参拝には充分に時間を掛けることにしましたが、昨年来、タイムを気に掛けながら歩くことが目的になっていたので、ポイント間は自己のペースを意識した歩き方に拘りました。大分歩き馴れたせいか、特に負荷を感じるほどの距離ではないなというのも実感。正直言えば、登山道のコースが含まれていないこともあるのですが。

そうそう、前回のハイキングの際、下りの山道で苦労をしたので、今回からトレッキングステッキを導入。その効用を試すことができる場面も一部に限られましたが、想像以上の効用を実感できたのも今回の成果。

今年も、歩くことを忘れず、風を感じたいと思います。

(追補)
天気もよいので、8日に開催された東武鉄道主催の「武蔵越生七福神めぐり」も歩いてしまいましたが、越生町主催の4日の「武蔵越生七福神めぐり」とは大分雰囲気が異なりましたので、補訂しておきます。
4日とは異なり、新春気分が後退しているのは仕方ないところですが、東武鉄道の独自企画で、七福神のスタンプラリーの色合いが前面に出ているので、のんびりと参拝に回るという雰囲気でもないのも事実。
個人的には、再度歩くからには異なる展開が欲しいところで、終了後の帰路は、「武蔵おごせハイキング大会」のエンジョイコースをトレースして更に一山越え、桂木観音を経由、越生駅を目指しました。
それにしても、桂木観音からの冬の眺望は素晴らしい。
無理矢理寄り道して帰った意味はあったかなと納得しました。

.

.

|

« 年越しの雑感のつもりで | トップページ | 年越しの雑感のつもりで その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152557/50495729

この記事へのトラックバック一覧です: 年初の始動として:

« 年越しの雑感のつもりで | トップページ | 年越しの雑感のつもりで その2 »