« 雑感*陰影のある日常*東日本大震災5 | トップページ | 小川町*官ノ倉山から »

2011年5月26日 (木)

雑感*何となくエコなこと

我が家においても、地デジ対策を終えた。
本年7月24日の最終ゴールを目前に、これまで当家が必要とするスペック、コストパフォーマンス等を天秤に掛けて周りを見回してきたが、ようやく、最終プランを実行に移した。結果として、オーバースペックな環境は遠慮することにした。

それでも、お付き合いとは言え、正直、いい迷惑で、発生するコストはもとより、時間も神経も浪費したように思う。未だ事情が動いているのも事実で、東京スカイツリーからの本放送は、平成25年を待つことになる。世の中、合点のいかないことが多いことを実感する。

当家が辿り着いた何となくエコな結論は、先行して導入済みの20インチの液晶テレビの他、既存の28インチテレビには地デジチューナーを付け、しばらくの延命を図ること。

結果、液晶とブラウン管で地デジ放送を見比べることになった。
28インチテレビには、地デジチューナーをD端子でD3接続をする。
Dとは言うが、信号はアナログで、デジタルでコントロールされている訳ではないらしい。2001年製造のブラウン管テレビだが、購入当時、何となく拘ったD端子を活用することになった。

地デジチューナーの導入を終え、改めて思うけれど、ブラウン管のD3接続の方が圧倒的に見やすい、疲れが少ない。アナログ出力だからと言うべきか、好みでもいいのだが、液晶で見る地デジ放送のエッジが立ったソリッドな質感とは異なる。やさしくクリアな画面は拾いものであった。せっかくエコな結末でもあるし、長生きしてくれることを祈りたい。

|

« 雑感*陰影のある日常*東日本大震災5 | トップページ | 小川町*官ノ倉山から »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152557/51770096

この記事へのトラックバック一覧です: 雑感*何となくエコなこと:

« 雑感*陰影のある日常*東日本大震災5 | トップページ | 小川町*官ノ倉山から »