« 高尾山*本年〆の山歩きへ | トップページ | 福島*新野地温泉 相模屋旅館 »

2012年1月 9日 (月)

新年を迎えて

年を越してから知ったことがある。

AMラジオから流れた保育園児達の歌声。
その歌声に耳を傾けた。
岩手県二戸市にある、ある保育園の園児達である。
声を限りに歌っている曲は「空より高く」、あきらめないでと謳う。
卒園式に使われる一般的な曲であるらしい。

3月19日に卒園式を控えていたが、11日に被災した後、先生方と園児達が、今、何が出来るかというところからスタートし、その歌声の音源をIBC岩手放送に送ったものらしい。

そして、ラジオから流れた歌声は、震災直後の被災地に届いた。被災された方々の耳にとまった園児達の歌声は、その心を確実に揺さぶった。生きる息吹を吹き込んだのではないか。
その力強さは、数ヶ月を経て、私も経験することとなった。

2011年を終え、2012年を迎えるにあたっての言葉をまとめる努力をしてみたが、難しい。3.11以後の心が震えるような経験は、整理がついたとは言い難い。復興の槌音が響くのは、これからであり、未だ始まっていないとも言える。

時の経過は冷徹だが、無念のうちに被災地を離れた方々が、新たな故郷に帰還する日が来るまで、2011.3.11にあったことは忘れない、今は、そう思うことにした。

|

« 高尾山*本年〆の山歩きへ | トップページ | 福島*新野地温泉 相模屋旅館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152557/53695951

この記事へのトラックバック一覧です: 新年を迎えて:

« 高尾山*本年〆の山歩きへ | トップページ | 福島*新野地温泉 相模屋旅館 »