« 暑中お見舞い申し上げます | トップページ | 越生*第14回武蔵おごせハイキング大会 »

2012年8月30日 (木)

雑感*夏の終わりに

まだまだ太平洋高気圧は健在で、9月も残暑が厳しいことは間違いないけれど、立秋もとうに過ぎ、そろそろ学校の夏休みも終わろうかという頃になれば、季節感としては夏の終わりを感じる。

子供の頃、夏の終わりには、毎年同じように季節感を感じさせることがあった。夏休みは、あてがわれた計画をこなしながら、自由を満喫し、夏休みというイベントを楽しむことに夢中だった。東北への帰省が一大イベントであったが、学校のプールもあり、朝のラジオ体操もあった、また、何をしに行ったのかはよく覚えていないが、登校日という設定もあったと思う。そんなこんなも、半ばを過ぎれば、夏休みとしての帳尻を合わせることに感心が向く。その頃、季節感を感じさせたのは、セミの声である。

子供の頃、昔は寺町であった高輪に住んでいた。そのころは、昔の面影が残っていた。古い石垣が残り、住宅街にも比較的樹木が多かったように思う。高野山の東京別院の裏には、木々の茂る裏道が、崖地を下っていた。日陰に入れば、何となく湿気を感じる路地があった。

これまで、うるさいほど響いていたアブラゼミの声に、緑色の斑紋が特徴的なミンミンゼミの声が混ざり、8月も終わり近づくと、いつの間にかツクツクボウシの声に代わっている。毎年、間違いなく、これを繰り返した。主役のセミが交代する頃には、夏休みも終わり、気分は2学期を迎えるリアルなモードに切り替わった。

|

« 暑中お見舞い申し上げます | トップページ | 越生*第14回武蔵おごせハイキング大会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152557/55540046

この記事へのトラックバック一覧です: 雑感*夏の終わりに:

« 暑中お見舞い申し上げます | トップページ | 越生*第14回武蔵おごせハイキング大会 »