« 黒部の太陽(ノーカット完全版)のこと | トップページ | 都市の胎動として »

2013年3月 7日 (木)

越生*里山めぐりハイキング

2013_0302_0005_2
毎年、地元の「梅まつり」に合わせて、東武鉄道主催のハイキングがある。三分の一ほどの山道を含めて、越生の里山を歩く。帰りを越生駅まで歩けば、何だかんだで13キロほどの行程である。
寒さも緩み、歩幅も広く歩きたくなる季節である。通年、何度となく近辺を歩く企画があり、昨今、我が家の裏山を歩いている様な気もするが、いまのところ、次の機会へのモチベーションは衰えていない。

2013_0302_0010_2昼食は、ハイキングのゴールである越生梅林から越生駅へ向かう道すがら、いつもは看板を見ながら通り過ぎる、そば処「梅乃里」の暖簾をくぐる。
越生のそば処でもあり、とりあえず「ゆず切り」を頼むことにする。メニューを見ると、やや高めの設定だが、グルメサイトの評価は高いようだ。「ゆず切り」としての風味は、ほのかに香る。薬味や出汁の味ともバランスがよく、喉越しはよい。そば湯はあっさりとしている。

|

« 黒部の太陽(ノーカット完全版)のこと | トップページ | 都市の胎動として »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152557/56907329

この記事へのトラックバック一覧です: 越生*里山めぐりハイキング:

« 黒部の太陽(ノーカット完全版)のこと | トップページ | 都市の胎動として »