« 横川*駅からハイキングへ | トップページ | 2014 謹賀新年 »

2013年12月 8日 (日)

上野のターナー展へ

東京都美術館にターナー展を訪ねる。
東京での開催が間もなくお仕舞いになるためか、大変な人出である。私は、水彩の風景画において著名な英国人画家というイメージのみを抱きながら、その筆致を目にするために出掛けた。

全体を通して、驚きが隠せない。
水彩についての様々な取り組みは、細かなディテールへの拘りは脇に置いた、印象画的な作品にも見られる。基礎知識には積み込んでいなかった油彩に軸足をおいた世界観も見せる。公式HP上で、「その生涯を通じて自身の絵画表現を追求し続ける求道者でした」とも称されている。また、同じく「20代のターナーは躍動感にあふれる波の表現や風をはらんで進む船の描写で優れた技量を示す海景画を積極的に発表しました」とされる作品群は、海洋国家としての高揚感が垣間見えるようだ。

私は、あまり掘り下げのないまま各時代のセクションを巡ってしまったが、様々な年齢層の方々が、その世界を堪能しているように見えた。おひとりで、作品の前を立ち去り難い様子の方もあり、また、お連れの方と、作品の前で絵画の構成について共感を確かめ合っている方もあり。その熱気は、ターナーの風景画家としての名声の為せる技なのかも知れない。

|

« 横川*駅からハイキングへ | トップページ | 2014 謹賀新年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152557/58716398

この記事へのトラックバック一覧です: 上野のターナー展へ:

« 横川*駅からハイキングへ | トップページ | 2014 謹賀新年 »