« 2015 新春にあたり | トップページ | 立ち止まり思い出すこと »

2015年3月 9日 (月)

山田線復旧工事始まる

02011_0612_0019
(2011.6 宮古駅にて)

3月7日、JR山田線宮古-釜石間の復旧工事が始まった。
沿線の首長とJR東日本の長期にわたる交渉の結果だと聞く。
同区間は資金援助とともに第三セクターである三陸鉄道が引き継ぐことになる。

鉄道旅客需要の減退、代替する車需要へのシフト、予想される地元による運営資金の負担が障害となっていたことも理解できるが、太平洋に面した自治体は、北リアス、南リアスを結んだ一本の動脈を手にすることを決断をされた。

新幹線が通る盛岡から山田線の宮古までルートをたどれば、北上山地を越える太平洋岸までの行程は100kmを超える。

その東北地方の太平洋岸の地域が、震災後、一体的に国土の発展を恩恵を受け、生活基盤の整備が追いつき、明日の希望を抱ける地域に戻るために、この一本の鉄路が脈動を打ち、復興を牽引することを期待したい。

ニュース動画を見た。流出した鉄橋の跡だろうか、作業員の方が杭を打つ姿があった。それを見て、思いを深くする。

|

« 2015 新春にあたり | トップページ | 立ち止まり思い出すこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152557/61254444

この記事へのトラックバック一覧です: 山田線復旧工事始まる:

« 2015 新春にあたり | トップページ | 立ち止まり思い出すこと »