« 川越まつり 2015 | トップページ | 迎賓館の息遣い »

2015年11月30日 (月)

草津の湯

2015_1129024e

年に一度か、二度、誘い合わせて温泉の旅に出る。
一年の内、何度か骨休みを入れることが、モチベーションを高めることにも繋がるような気がする。今回は、手軽な旅をコンセプトに、おひとり様で草津の湯を目指した。バスの格安送迎で有名な、おおるりグループのシステムを利用してみることにした。

草津に向けてのスタートは、池袋を9時に出発する座席指定のバスに乗車する。利用客の数によって運行経路に違いがあるようだが、その他主要な出発地から集まるバスは高速道で群馬を目指す。目的地は、草津手前のおおるりグループ経営のドライブイン「田吾作」である。当日は11時20分に到着。途中、高速道SAの休憩をはさんだが、そう長くは感じない。

そこで、有名な「乗り換え」が発生する。最終目的地である草津と「田吾作」の間を往復するバス便が設定されており、各地からのバス便を降り、乗り継ぐことになる。帰路についても柔軟に組み替えが行われ、出発地、予約客数によっては、高速道SAでの乗り換えもあるらしい。他の営業拠点への送迎を含めて、これが毎日整然と行われている情景を想像すると、一種驚きでもある。

ここで乗り継ぐ草津行きのバスを待つ間、ドライブイン「田吾作」で昼食をとることもできるようにセットされる。ちょうど道の向かい側に道の駅おのこがあり、迷わずそちらを目指す方々もあるが、これは回を重ねたベテランのようだ。

草津まで向かうバスは4便設定されていたが、こちらは自由席となる。とりあえず早く現地入りしたい向きは、早いバス便に乗車するために、案内される集合場所に自主的に列をつくる。列に加わり、12時に出発する第一便に乗ることが出来た。

大小のバスが交錯していたが、とりあえず第一便のバスはマイクロバス、きっちり乗車定員まで乗車して、「田吾作」を発車する。いろいろと評価があると思うが、誠に無駄がない。草津は目の前で、狭い車内もそう苦にならない。湯治の団体客の一員になった気分でもある。温泉地を目の前に、車内の高揚する雰囲気が伝わってくる。

草津にはおおるりグループのホテルが三つ営業しているが、バスは、宿泊客を順次降ろしていく。今回利用するのはホテルおおるり。13時20分に到着。池袋から4時間余りだが、休憩時間も多く、疲労感はない。

チェックインを済ませ、昼食のため温泉街で蕎麦屋を物色する。ともかく一度暖簾をくぐって見たいという店には、行列が延びており、タイミングが悪い。いずれまた、というところか。

2015_1129044e_2温泉街の中程にある「大野屋」さんに入る。蕎麦の味に講釈を述べる実力は持ち合わせていないが、「ソースかつ丼のそばセット」は十分に満足できた。1100円なり。舞茸天が脳裏を過ぎるが、それはそれ、またの機会に。そばつゆの味も、蕎麦の喉ごしもよいと思うが、ソースかつのレベルが高かったことは書き記しておこうと思う。その厚さとジューシーさは、これまでのソースかつ丼のイメージを変えるものがあった。ソースの味がやや甘口なことと、もう少し柑橘系のテイストが欲しいところは個人的趣味だろう。

2015_1129022e草津の湯を探訪するのは、初めてではない。
外湯の探訪など楽しみは多いが、今回は、宿の内湯の他、町営の御座之湯、大滝乃湯を訪ねた。

大滝乃湯の合わせ湯という仕組みは面白いのだが、大浴場で十分温まった後では、最初から45度程の湯船がちょうど良かった。湯船に浸かり、時間を忘れるとはこのこと。白旗源泉の脇に再建された御座之湯の二階には、無料で休憩できる大広間があり、座布団を枕に横になることもできる。

2015_1129028e宿の夕食を終えた後、部屋で一休みしてから御座之湯のある湯畑まで出掛ける。ちょうど客が途切れた、源泉が異なるふたつ湯船にしばらく浸かった後、帰り支度を整え、二階の広間に上がった。しばらく横になっっていると、湯の中で解き放たれた、心や体の強ばりの分だけ、心や体が軽くなったことを感じた。それは、少し自由になったということ。温泉地での時の過ごし方を学んだような気がした。
共同浴場は19箇所のうち、旅行客に入湯が許されているのは3箇所のみと聞く。観光地化が進み、マナーの問題があったようだが、追って機会を見てということに。

2015_1129026e最後に、宿の食事については、おおるりグループとして、その評価に数多情報があるのでここでは触れなくてもよいと思うが、考え方しだいでは特に気にすることはないだろう。その評価はプラスもありマイナスもありである。特に家族、グループで宿泊すれば、会話の中でことさらそれに触れることもないだろう。ただ、おひとり様では、食事時に世間話をする相手もいないので、バイキングの内容に関心が向くのは仕方がない。

ともかく、そのほかの旅のエッセンスと併せれば、総合点ではプラスでよいというのが実感。チェックアウトの際、バス代含めて支払いを済ませた金額を見ても、そう思う。

|

« 川越まつり 2015 | トップページ | 迎賓館の息遣い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152557/62830868

この記事へのトラックバック一覧です: 草津の湯:

« 川越まつり 2015 | トップページ | 迎賓館の息遣い »