« 2016年2月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月31日 (火)

鎌倉*旧華頂宮邸

2016_0519_05
これまで、何度か訪れることになった。
その来歴もさることながら、その立地は鎌倉にはよく見られる「谷戸」と呼ばれる深く切れ込んだ谷地であって、そこには常に風が吹いている。少なくとも訪れるといつも。

無性に、そこに自分を置きたくなるときがある。運が良ければ、周囲を取り囲んでいる、木々の梢を吹き抜ける風の音を独り占めにできる瞬間がある。その瞬間は、他者との干渉は生まれない。
風と語るだけ。これも鎌倉の個性かもしれない。

2016_0519__03タイミングがあえば、鎌倉駅西口の竹扇さんで「日替わり丼セット」で昼食を済ませる。本日の丼は、しらす丼の頻度が高そう。蕎麦は選択できるのがうれしい。限定なので間に合うときだけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

点描*築地市場まつり

記事が途切れていましたが、言い訳は抜きにして、これはどうにか月内の記事にしようと思います。開場から81年を経過し、惜しまれつつも本年11月2日に業務を終了する築地場内市場に、5月3日開催された「築地市場まつり」を訪ねました。 2016_050301_2

2016_050309_3大正12年9月関東大震災で被災した日本橋魚河岸をはじめとする諸市場が、業者間の調整を乗り越え、昭和10年に東京市中央卸売市場としてスタートしたことが、都市機能のひとつの息吹となった。

2016_050312_2各種賑わいを見せる屋外のイベントをのぞいた後は、休業日でひとけのない、仲買の方々が店を連ねる通路をのぞいて回る。

2016_050308営業日の場内とは違う顔を見せているのは当然だが、その歴史を閉じるのが目前となった今、場内からは、人間の営みの精気が解き放され、人の息遣いが消 えようとしている。
そしてまた、そこには都市の脈動を感じる変化が訪れる。 (とは思いつつ、最後には、「築地市場まつり」の練り物詰め放題500円に挑戦して帰ることにした)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年6月 »