« 川越まつり その2 | トップページ | 閑話*来るべきものが »

2016年10月23日 (日)

学芸員的視点 その2

学芸員資格に関する課程をすべて修了し、無事単位取得となったことにより、かねてから企てていたプランを実行に移すこととした。
博物館で尊像とお会いするもあるが、お堂の中で拝見することは、そこに企図された仏の世界として感ずることにも通じる。
日本美術史にも挑戦したこともあり、修学旅行生とは異なる視線で尊像のお顔を拝みに、奈良を目指した。結構、緻密に行程を組み立てたつもりだが、よくある話で、計画の半分を実行できたかどうかというところ。

法隆寺の救世観音立像を拝見するにはタイミングを失したが、百済観音立像はその朝鮮半島風の様式に吸い寄せられるものがある。五重塔の内陣の塔本塑像にもこだわりがあっただが、手が届きそうだが遠いので、かろうじて、印刷物のイメージと重ね合わせる。東大寺では、まっすぐ法華堂を目指す。不空羂索観音立像を中心とした諸尊とお会いすることが目的である。また、平等院鳳凰堂に隣接する鳳翔館では、鳳凰堂にあることが極楽浄土を表現するとともに、阿弥陀如来との来迎の姿を表す雲中供養菩薩像を間近で見ることが出来たのは収穫であった。

付言すると、訪れたお寺は基本的に撮影の規制があり、その意味での収穫はないが、その分その表情を拝むことにもなった。
修学旅行の時はどうだったろうか。遙か昔のことではあるが。

|

« 川越まつり その2 | トップページ | 閑話*来るべきものが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152557/64389155

この記事へのトラックバック一覧です: 学芸員的視点 その2:

« 川越まつり その2 | トップページ | 閑話*来るべきものが »