« 学芸員的視点 その2 | トップページ | 学芸員的視点 その3 »

2016年11月 9日 (水)

閑話*来るべきものが

私が使用する携帯電話はいわゆるimode 携帯である。
維持コストが適当で、機能に過不足なく、ウイルス対策の心配もまずないことがいい。ネットも家庭内PCで用が足りるし、ネット環境を前提とした携帯電話でのソリューションは、私のような、ものぐさな人間にはオーバースペックであり、現状がベストマッチである。

今回、一部例外の機種を除いて、imode 携帯の出荷終了をタイムスケジュールに上げてきた。正に来るべきものが来たということ。中古市場もあるけれど、これまで以上に丁寧に扱おう。
故障など招かぬよう。

何の進歩もないが、それでいい。

|

« 学芸員的視点 その2 | トップページ | 学芸員的視点 その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152557/64465034

この記事へのトラックバック一覧です: 閑話*来るべきものが:

« 学芸員的視点 その2 | トップページ | 学芸員的視点 その3 »