« 閑話*来るべきものが | トップページ | あの頃のこと »

2016年12月22日 (木)

学芸員的視点 その3

その後、特別展として根津美術館の「丸山応挙 写生を超えて」、サントリー美術館の「世界に挑んだ7年 小田野直武と秋田蘭画」を訪ねた。

前者はこれまで、訪ねたかったが足を踏み入れていなかったところ。庭園も含めて館の世界ができあがっている。「写生を超えて」応挙が目指してものを感じさせる意図だった。後者は巨大なビルの中に内包されたミュージアムである。その世界に馴染むのに時間がかかったが、展示ケース内の作品の高さ、間隔とも無理なくストレスがない。展示作品には、「秋田蘭画」を残した秋田藩士の視線を感じられる。

小田野直武の「不忍池図」は、階下に下り、オープンなスペースで見ることができる。その構図、色彩とも西洋画の技法を消化しようとした意思が伝わる。ミュージアムショップ土産の絵はがきとして、現在、目の前に立てかけてあるのは「不忍池図」である。

年末年始には、これまでも書き残してきた高輪の記憶について、触れてみる予定です。

|

« 閑話*来るべきものが | トップページ | あの頃のこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152557/64658459

この記事へのトラックバック一覧です: 学芸員的視点 その3:

« 閑話*来るべきものが | トップページ | あの頃のこと »