« あの頃のこと その2 | トップページ | 法定講習を済ませば »

2017年1月13日 (金)

あの頃のこと その3

2016_1216__03

あの頃のこと あの頃のこと その2 続き

食の記憶は、何より忘れ難い。

当時から店舗を構えていた洋菓子店ホーリーさんのサバランである。以前、立ち寄って買い求めた時は味が変わってしまったかと思ったが、今回は懐かしい味がした。高輪台小学校の入口付近に出来たお店で、登校時には甘いにおいに鼻腔がくすぐられた。

蕎麦屋さんとしての存在感は新月さん、足を伸ばせば天神坂は長壽庵さんだったと思う。以前にも触れたが、たぬきそばの天かすの旨さを覚えたのが新月さんである。蕎麦屋のカレー、カツ丼、たぬきそば、きつねそば、おかめそば、夏場には蕎麦屋の冷やし中華。その中でも、ふたが閉まらないカツ丼のボリュームは、小学生にはたまらなく贅沢で魅力的なものだった。そのときの経験から、カレー、カツ丼のトッピングはグリンピースだろうと確信めいたものがある。

出前を頼むと、麺類には七味と長ネギの薬味が小皿に乗り、新月と印刷された細長い紙にくるまれていた。カツ丼には沢庵と新香であったと思う。

中華は宝来さん。何でも美味しかった記憶。チャーシュー麺は魅力的だったが、何にすると聞かれれば、タンメンだった。半割のゆで玉子が好きだった。

それ以前にさかのぼる食の記憶は、温かいコロッケである。
屋号は覚えていないが、すでに転出していた上行寺の正門脇にあった肉屋さんがお決まりであった。小学校に上がる前、初めての小遣いは10円玉を握りしめて、コロッケを買いに走った。
肉屋の店頭で、注文すると、割烹着を着たおかみさんが精肉の冷蔵庫の大きな扉を開き、あらかじめ整形したコロッケのねたを取り出す。小麦粉をはたき、玉子をくぐらせ、パン粉をつける一連の所作を目の前で見ることが出来る。その間、大きなフライ鍋のコンロに火をつける。フライヤーの時代ではない。おそらく、ラード100%だったろう。真っ白に固まっていていることがあった。溶けるのを待つ時間も、期待が膨らんだ。時によっては、テーブルの下からラードを追加することも。

今でも忘れられないのは、コロッケを揚げたおかみさんが、ソース掛ける?と尋ねてくれたこと。実はおやつの買い食いではなく、本人は、一個のコロッケを持って家に帰るつもりだったのだが。

この店では、経木に揚げ物を包んでいた。お店によっては今でも現役かもしれない。その上から緑色の紙でくるんで渡してくれる。さらに、記憶にあるのは。冷えないように新聞紙でくるんでくれたように思う。店の入口からは、カレンダーの裏(たぶん)にマジックで書いた手書きの値段表が見えた。家の総菜に、コロッケ以外のメンチカツ、時にはトンカツを頼むときにはいささか緊張したとともに、持ち帰るときには充実感が漂った。

朝、肉屋さんの前の路上に練炭火鉢に火が入り、ジャガイモを茹でるお釜を載せてあるのを見ることがあった。それを、横目で見ながら登校した。

冬の季節感を感じたのは、鳥屋さんかもしれない。屋号は加賀屋さんだったと思うが、クリスマスが近づくと、店頭で観覧車のようなのロースターが回っていたことを思い出す。今でも、商店街で見かけることがあるが、あれである。温かい総菜の中でも、ひときは存在感を放っていた。商店街をとおって下校するのも、生活の息づかいがあった。

|

« あの頃のこと その2 | トップページ | 法定講習を済ませば »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152557/64757416

この記事へのトラックバック一覧です: あの頃のこと その3:

« あの頃のこと その2 | トップページ | 法定講習を済ませば »