« 2018年12月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月 6日 (水)

国立歴史民俗博物館に行く

年が明けてから、佐倉まで国立歴史民俗博物館を訪ねた。
地域の歴史と民族を展示の目的とする博物館は、特定地域の研究、学習を目的とするが、初めて訪れた当館は、これを超える規模であった。日本民族の歴史を軸とした民族のディテールを記録することに挑んでいるかのようだ。

展示室の配置は歴史を軸に構成されているが、その中を時系列に順次テーマを追うことには限界を感じた。時代ごとに焦点を当てているテーマを探す努力が求められる。迷路にはまっては時間がもったいない。館側の用意した文脈を辿りながら、その意図を読み取りたい。心の準備が整わないまま訪れたせいか、未消化のまま博物館を後にした。暖かくなってから、再訪を考えよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 5日 (火)

改元の年として

年明け早々、という表現を使うには似つかわしくなく、もう二月を迎えている。例年にもまして時の歩みが速く感じるのは、天皇陛下の譲位によるお代替わりと、それに伴う、改元が予定される年を迎えたことにある。

天皇陛下のご意向に端を発した議論から、国民の総意としてこれを受け入れたものと解釈するが、民族としての歴史の節目としてどういう意味を持つのか、歴史に付箋を挟んでおきたい。

ただ、現行憲法の下、「国民統合の象徴」として務められてきた天皇陛下と、その支えとなられた皇后陛下の姿を忘れないだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年3月 »