« 山手線新駅の名称のこと | トップページ | 国立歴史民俗博物館に行く »

2019年2月 5日 (火)

改元の年として

年明け早々、という表現を使うには似つかわしくなく、もう二月を迎えている。例年にもまして時の歩みが速く感じるのは、天皇陛下の譲位によるお代替わりと、それに伴う、改元が予定される年を迎えたことにある。

天皇陛下のご意向に端を発した議論から、国民の総意としてこれを受け入れたものと解釈するが、民族としての歴史の節目としてどういう意味を持つのか、歴史に付箋を挟んでおきたい。

ただ、現行憲法の下、「国民統合の象徴」として務められてきた天皇陛下と、その支えとなられた皇后陛下の姿を忘れないだろう。

|

« 山手線新駅の名称のこと | トップページ | 国立歴史民俗博物館に行く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 改元の年として:

« 山手線新駅の名称のこと | トップページ | 国立歴史民俗博物館に行く »