日記・コラム・つぶやき

2019年10月19日 (土)

晩秋 川越まつり2019

2016_101513_20191019073901
(2016.10)

事前告知になっていないと叱られそうですが、本日19日から20日まで川越まつりが行われます。

本川越駅から北に向かって、連雀町交差点まで道路の拡幅工事が進み、以前とは多少異なる雰囲気かも知れませんが、新しい顔でしょう。市民生活とともに祭り見物や観光に利便性が高くなるようですが、以前の雑然とした街並みも懐かしい。

もちろん日中の街歩きもお勧めですが、日が暮れてからの晩秋の夜、お囃子の調子に身を委ねながらそぞろ歩くのが季節の変化が体感できるような気がします。

お出掛けの祭には、川越まつり公式サイトをご参照下さい。

 

| | コメント (0)

2019年4月16日 (火)

高輪の春に

今上天皇のお代替わりが近い。
天皇、皇后両陛下は上皇、上皇后両陛下として、現在の東宮御所を改修の後、仙洞御所として住まいを移される。その準備のために、港区高輪にある高輪皇族邸(旧高松宮邸)に一時住まいを移されることが報道されている。
かつて高輪の台地を駆け巡った少年の記憶は、すでにこの場に書き遺した。皇族に縁のある土地柄だったが、少年の頃の私と、当時の街の息遣いが両陛下をお迎えする。そんな春の夢をみた。

| | コメント (0)

2019年4月15日 (月)

京の春に

四季の便りが届くたび、
卓上カレンダーをチェックして思いを巡らす。
今回は夜行バスを駆って、京都を目指した。

桜の盛りを迎える前のこと。
早朝の京都から、近鉄で奈良へ向かう。近鉄奈良駅から、観光客の波が押し寄せる前の東大寺を目指す。東大寺の二月堂で手を合わせ、舞台から大仏殿越しの奈良の市街地を望む。真新しい御朱印帳に御朱印を授かる。

ここからが旅の始まり。

| | コメント (0)

2019年3月11日 (月)

3月11日その後のこと

3月23日に三陸鉄道リアス線開業。
岩手県の第三セクター三陸鉄道が経営する北リアス線と南リアス線の間を繋ぐ、沿岸部の宮古-釜石間は、JR東日本の山田線の一部であった。2011年3月11日の東日本大震災で被災し、復旧について地元自治体と調整の結果、JRから三陸鉄道に営業移管し、北リアス線と南リアス線を統合して、新たにリアス線として運行再開を迎える。

平成は戦争がなかった時代であったが、抗いようのない数多くの自然災害に立ち向かうことを迫られた。自然の脅威に対しては、復興に立ち上がる道を政治が指し示すが、時の経過が進むほどに地域のコミュニティの喪失が、ひとびとの歴史に影を落とすことも明らかになった。

古文書が、過去の教訓を書き残しているが、平成の多くの災害の記憶が、後世の人々の覚悟と自信につながることを信じたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 6日 (水)

国立歴史民俗博物館に行く

年が明けてから、佐倉まで国立歴史民俗博物館を訪ねた。
地域の歴史と民族を展示の目的とする博物館は、特定地域の研究、学習を目的とするが、初めて訪れた当館は、これを超える規模であった。日本民族の歴史を軸とした民族のディテールを記録することに挑んでいるかのようだ。

展示室の配置は歴史を軸に構成されているが、その中を時系列に順次テーマを追うことには限界を感じた。時代ごとに焦点を当てているテーマを探す努力が求められる。迷路にはまっては時間がもったいない。館側の用意した文脈を辿りながら、その意図を読み取りたい。心の準備が整わないまま訪れたせいか、未消化のまま博物館を後にした。暖かくなってから、再訪を考えよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 5日 (火)

改元の年として

年明け早々、という表現を使うには似つかわしくなく、もう二月を迎えている。例年にもまして時の歩みが速く感じるのは、天皇陛下の譲位によるお代替わりと、それに伴う、改元が予定される年を迎えたことにある。

天皇陛下のご意向に端を発した議論から、国民の総意としてこれを受け入れたものと解釈するが、民族としての歴史の節目としてどういう意味を持つのか、歴史に付箋を挟んでおきたい。

ただ、現行憲法の下、「国民統合の象徴」として務められてきた天皇陛下と、その支えとなられた皇后陛下の姿を忘れないだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 4日 (火)

山手線新駅の名称のこと

以前、この場を利用して、「高輪泉岳寺駅」という提案をしてみましたが、擦らなかったようで残念でした。それはそこまでの話でよいのですが。

新駅の周囲を大規模開発することもあり、どうしても、外国人ツーリストを意識したものにも映りますが、この度発表された「高輪ゲートウェイ駅」なる名称は、JR東日本のプレス発表を見ても、何か腑に落ちない。残念ながら、理解力の貧しさは言い訳できません。

駅名としての「ゲートウェイ」とは、新旧の文化・歴史的集積地に対する「方向性」を意識します。その意図として、旧来の地域性を残す、高輪にベクトルを向けるのでしょうか。それとも第一京浜の海側に新たに創造される街並み・文化に向けるのでしょうか。創造される新しい街並みと旧来の街並みを駅名に集約するJR東日本のコンセプト作りにハードルの高さを感じます。

ふと気がついたことがあります。開発地域に隣接して、第一京浜沿いの田町駅よりに、史跡「高輪大木戸跡」がある。これは正に「ゲートウェイ」そのものではないか。少なからず、意識の下にあったのではないか。思いつきですが、そんな自己解決を試みました。

ついでに、語感としては「ゲートウェイ高輪」じゃないかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月28日 (水)

ここのところ気になることが

オーバーツーリズムということ。
そのような表現を目にすること増えた。

それは、旅行の目的地が有する、ツーリストを迎えるための広い意味でのキャパシティに、過剰な負荷がかかることへの問題意識だとすれば。迎え入れる方には重い負担が発生するのは当然のこと、遠路を訪れる方にも利害が発生するのは明らかで、現在でも懸念が示されているだけではなく、2025年の万博対応に懸念の声も聞かれる。

旅の目的とするのは異文化と接触すること。
その興奮と喜びは共有できるとともに、旅先の文化を理解する努力が旅の醍醐味だと理解する。これを促進するのも、迎え入れる方の喜びである。

しかし、国の政策においてもツーリストの増加だけが目的のように喧伝されるのはどうなのだろう。人気の観光スポットは外国人ツーリストの喧噪で埋まり、京都奈良を代表する精神文化に触れる機会さえも、テーマパークを巡るのと変わりないようにも映る。

誰が悪いわけでもない。ただ、観光地のキャパシティ、いわば物理的な限界を試すだけでは、迎え入れる方は当然、遠路をはるばる訪れる方にもツーリズムの期待された成果物が残るものなのか、一片の疑問が残るのも事実である。

学芸員の資格課程を修了した後、京都・奈良を数回訪れた。御本尊や寺宝の特別公開などは気にしつつも、トップシーズンは微妙に避けて目的を設定する。微妙な駆け引きだが、これも現実かと思う。喧噪の中でツーリストに巻き込まれぬよう街を歩く。すると、街の息遣いを感じられるような瞬間を見つけられる。そう思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月29日 (月)

川越まつり 2018 その2

2018_10200001000_2

2018_10200008000_2

秋が更けゆく川越。

終わった気がしない。

そんな錯覚も。

報告記事のアップが遅くてどうもすみません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月17日 (水)

川越まつり 2018

2017101405000

8月までの酷暑が嘘のように、9月の長雨が終わると

秋の気配が濃厚に感じられるようになりました。

10月も半ばを過ぎると、川越まつりは目前となっています。

肝心の天候が今年はどうにかなるようです。

秋の空気を吸いながら、お囃子に体を預けてみるのもよろしいかと。

街歩きにはもちろん昼もよいのですが、

私のお勧めは、夜の風情です。

まつり本番の20日~21日のタイムスケジュールは、

公式サイトがありますので、参考にしてください。

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧