アーカイブス

2017年3月29日 (水)

アーカイブス 東京駅復元 2012

■ギャラリー「風の休日」に掲載(2012.12.31) 
20122012_1228__23_2
蘇った東京駅の姿を、今年最後の投稿とします。

写真でしか見たことがなかった南北のドームのインパクトが大きい。
リアルな存在として目前にしているのが不思議でもある。
人の往来する場として成長し続けるダイナミズムを内包し、丸の内には明治の姿を残すことに。

復元工事前の姿(2005年当時)と比較しておきたい。

20122005_12250068_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アーカイブス 高輪*建築の幻影 2

■ギャラリー「風の休日」に掲載記事(2008.5.18)2008_0508dscf0027
前回の、高輪*建築の幻影は個人的思い入れですので、ー度だけと考えていましたが、別角度のショットをもう一回だけ、その2です。

詳細は、前回の投稿に譲りますが、写真正面が、品川駅前のホテルパシィフィック東京になります。
この斜面に水路(らしき景色)は続きますが、その先には高輪南町御用邸がありました。
傾斜地の下にある石組み(建築の風景*高輪の幻影 前・後編)まで続いていた水路は、傾斜地の途中の湧水を、その直下の池に導いたように思えます。
その敷地を包含していた薩摩藩下屋敷の建築物の配置は材料がありませんが、その配置が、残された地形の造園に何かしらの影響を及ぼしていることは確かでしょう。
この造園の痕跡がどこまで遡れるものなのかが、関心の的です。
その鍵は、やはり木子文庫にあるのですが、個人的に、すっきりできたら報告できると思います。

課題を残しているのですが、それもまた楽し...(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アーカイブス 高輪*建築の幻影

■ギャラリー「風の休日」に掲載記事(2008.5.9)

0dscf0029_3

去る5月4日に、清正公大祭に合わせて高輪を再訪。
幼少期には、子供の日に絡むお祭りなので、年中行事として楽しみでした。
その後、川越の住人となってからも、近隣の散歩をすることが目的で、このような機会を見つけて時折訪れます。

ここは品川駅前の一角にある「高輪森の公園」というところ。
薩摩藩下屋敷から高輪南町御用邸までの歴史をまとっているところです。
何度か訪れることになりましたが、敷地内の樹木が整理されたとともに、少し荒れてしまったようで、その全体を包み込む空気感が失われたようです。

写真はその一部ですが、傾斜地にある公園の頂上付近から、枯山水のような遺構が続き、その麓にあたる公園の正面部分には、思わず歩みを止めるような大きな石組みが残ります。
それは、斜面途中からの湧水を、水路に沿って導いたように見えます。(写真の右から左へ。)

ネットフェンスの向こう側には、切り取られた敷地が続いていたわけですが、水路を渡る飛び石は、その奥まで続いていた様にも見えます。
また、頂上部分には東屋の痕跡を見ることができます。それは、小石の混ざった洗い出しのような床で、掘っ立て柱の跡が残る...。

散策の途中、東屋から飛び石を渡り、ネットフェンスの向こう側に続いていた敷地の奥に向って散策する、当時の主の後姿が見えるようです。まるで幻影のように。

当blogの本店である「川越の風」で、「建築の風景*高輪の息遣い2」を纏める際に、歴史の痕跡を探し歩いた折、出会った場所です。その後、「建築の風景*高輪の幻影(前・後編)」で一歩踏み込んで触れてみました。

四方を、それぞれの地権者に囲まれたこの小高い丘を中心とした公園は、明治以降の歴史のうねりの中で取り残されたポケットのようです。
詳細な考証があってしかるべきかと思いますが、今のところ、ほんの入口程度で...(¨;)。

少し落ち着いたら、ディテールをもう少し掘り下げる...つもりです。
それにしても、月1ペースか...(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月28日 (金)

アーカイブス*夏の夜

私の古いネガの「アーカイブス」から、
一枚一枚めくるように紹介して行きたいと思います。
不定期で投稿の予定です。

「アーカイブス*未来への架橋」の前の姿ですので、順序が逆になりますが、ご了承願います。(知っている人限定のお話し...)

0029800
「夏の夜」
法曹横丁の街角で見た「夏の夜」。
役割を終え、もう何も語ろうとしない街角で、
生ぬるい夜風が頬をなでていく。

(霞が関*法曹横丁の一角にて)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月23日 (日)

アーカイブス*未来への架橋

私の古いネガの「アーカイブス」から、
一枚一枚めくるように紹介して行きたいと思います。
不定期で投稿の予定です。

0046800_2

「未来への架橋」
明治、大正、昭和から平成に渡る風景。
役目を終え、今、姿を消していくものがある。
それは、あたかも何かを解き放っているかのようだ。
絶え間ない時の歩みの中では、「未来への架橋」ということ。


(霞が関*今は法務省の中庭あたり)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 8日 (土)

アーカイブス*法曹横丁の一角

私の古いネガの「アーカイブス」から、
一枚一枚めくるように紹介して行きたいと思います。
不定期で投稿の予定です。

0026800_1

「法曹横丁の一角」
法曹横丁の中ほど。
近所へお引っ越されたので、灯が消えた建物です。
重量感ではなく、軽快さが特徴とも言える建築物でした。
玄関の庇も、その特徴を見事に体現してくれています。
庇の下の小さな照明と、
玄関脇のランタン型の門灯が脇を締めていますね。

(霞が関*今は法務省の中庭あたり)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 5日 (水)

アーカイブス*静寂と光跡

私の古いネガの「アーカイブス」から、
一枚一枚めくるように紹介して行きたいと思います。
不定期で投稿の予定です。

0014800


「静寂と光跡」
窓の外には、現代の光跡が脈動しているが、
役目を終えた「時代の痕跡」は、もう何も語らない。
その息遣いが止み、張り詰めた静寂が支配する空間には、
鼓動だけが感じられた。
一歩外に出れば、夏の暑さと喧噪が渦巻いていた。

(霞が関*窓から祝田橋を望む)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 1日 (土)

アーカイブス*時を隔てる距離

私の古いネガの「アーカイブス」から、
一枚一枚めくるように紹介して行きたいと思います。
不定期で投稿の予定です。

0017800_1

「時を隔てる距離」
赤煉瓦の「明治」と、法務省庁舎の「平成」の「時を隔てる距離」は
このくらいです。
これを繋ぐ廊下には、灯が点っています。

(霞が関*法務省の裏庭あたり)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アーカイブス*夜の静寂

私の古いネガの「アーカイブス」から、
一枚一枚めくるように紹介して行きたいと思います。
不定期で投稿の予定です。

0019800_1

「夜の静寂」
日中の、日差しと喧噪が嘘のようだ。
色彩が遠慮している夜の静寂は、
衣装を脱いで、昔の表情を取り戻せる一瞬かもしれない。

*時代を遡れば、隣は同じような赤煉瓦の最高裁判所であった。
*また、時を経た現在では、総務省のビルが残りの空を塞いだ。

(霞が関*法務省の裏庭あたり)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月25日 (日)

アーカイブス*霞が関の残像

私の古いネガの「アーカイブス」から、
一枚一枚めくるように紹介して行きたいと思います。
不定期で投稿の予定です。

「霞が関の残像」
明治政府の威信とも言える赤煉瓦。法務省前のひとこまです。
後ろにそびえる「平成の法務省」の足元には、
今は消え去り、人々の記憶に残るだけの一角が記録されています。
そこには、別名、「法曹横丁」という裏路地がありました。

0033800

0034600

00401000

0006800

00081000

0009800

0030800

0026800

0028600


| | コメント (0) | トラックバック (0)